お金を借りたいなら必見|キャッシングローンを選ぶコツをリサーチ

金利差が小さくともお得に

円マーク

無料でシミュレーション

右肩下がりなのが住宅ローンの金利。10年前には約3%だった金利は、今や1%ほどまで下がっています。当然ながら10年前に住宅ローンを借りた方と現在借りた方とでは、支払う金利負担に大きな違いが出ます。2015年以前に住宅ローンを借り入れた方は、低金利が魅力のフラット35への借り換えを検討しましょう。フラット35とは、低金利かつ全期間固定型の住宅ローンです。もし今後金利が上昇しても、金利負担は一切変わりません。変動型とは異なり、金利変動リスクが0であるのがフラット35の特徴です。また、新規借り入れだけではなく、借り換えにも対応しているのが嬉しいポイント。フラット35からフラット35への借り換えも可能となっており、現在の低金利の恩恵を受けられます。住宅ローンの借り換えには、一般的に金利差が1%以上なければお得にならないと言われています。しかし、フラット35であれば、0.3%ほどでもお得になります。理由は、保証料が0円であるため。住宅ローンの新規借り入れ時にも借り換え時にも、50万円から100万円以上の保証料が通常は必要です。それに対し、フラット35では、一切保証料がかかりません。その分、金利差が小さくともお得になります。フラット35を取り扱っている金融機関では、無料で借り換えシミュレーションを行ってくれます。土日であっても相談できる金融機関が多いため、まずは気軽に相談しましょう。また、フラット35の公式サイトでは、シミュレーターが用意されています。どれほどお得になるのか、ネット上ですぐに把握できます。